Texas Deceptive Trade Practices Act

Texas Deceptive Trade Practices Act(“DTPA”)は、商品またはサービス(不動産を含む)の消費者に、住宅などの商品または不動産の売り手による特定の行為に対して救済を提供する強力な法令である。 その明確な目的は、虚偽、誤解を招く、欺瞞的なビジネス慣行、非良心的な行動、および保証違反から消費者を”保護”し、そのような保護を確保するための”効率的で経済的な手順”を提供することです。”

テキサス州商取引法の第17章に記載されているDTPAは、消費者が受けた経済的損害を上回るかなりの損害の回復を提供する可能性があるため、テキサスプライフの弁護士のお気に入りである。

テキサスDTPAの下で救済を求めるには、消費者としての資格が必要です。 消費者は、個人、パートナーシップ、法人、LLC、または州の機関であってもよいです。

テキサス商取引法第17.46条には、虚偽、誤解を招く、または欺瞞的な行為または慣行とみなされる25の禁止行為の洗濯リストがあります。

:

  • 商品またはサービスのソース、スポンサー、承認、または認証に関して混乱または誤解を引き起こす;
  • 商品またはサービスが、スポンサーシップ、承認、特性、成分、用途、利益、または数量を持っていること、またはスポンサーシップ、承認、地位、所属、またはつながりを持; また、
  • は、取引時に知られていた商品またはサービスに関する情報を開示しなかった場合、そのような情報を開示しなかったことが、消費者が情報が開示されていた消費者が入力しなかった取引に消費者を誘導することを意図していた場合に、そのような情報を開示しなかった。

DTPAは非常に広範であり、テキサス州の裁判所によって常に解釈されているため、短い要約で説明することは非常に困難です。 不動産取引やその他の商品の購入にかかわらず、詐欺またはその他の不正行為が主張されている法的紛争に関与している場合は、相談のために私た

テキサス欺瞞貿易慣行法(”DTPA”)への免除

弁護士(または他の同様の専門家)、不動産ブローカー&不動産業者は、多くの場合、DTPAの請求から免除されています。 ただし、この免除は、詐欺または不実表示の場合には適用されません。

DTPAのセクション17.49(c)および(i)は以下を提供しています:

(c)本項のいかなるものも、アドバイス、判断、意見、または類似の専門的スキルの提供である専門的サービスの提供に基づく損害賠償請求には適用されず、

(i)本項のいかなるものも、ブローカーまたは営業担当者として行動している間にその人による行為または不作為から生じる職業コード第1101章の下でブローカーまたはセールスマンとしてライセンスされた人に対する請求には適用されないものとする。

それはセクション17のように思える場合。49(c)および(i)弁護士、不動産ブローカー、不動産業者にこの消費者保護法からのフリーパスを提供しますが、それは真実ではありません。 例外の例外は次のとおりです。

この免除は次の場合には適用されません:

  1. 助言、判断、または意見として特徴付けることができない重要な事実の明示的な不実表示、
  2. セクション17.46(b)(24)に違反して情報を開示しなかったこと、または
  3. 助言、判断、または意見として特徴付けることができない非良心的な行動または行動コース。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。