V3.14.2の新機能は何ですか?

  • 二つの新しいキヤノンPowerShotカメラのサポートG5X Mark IIとG7X Mark III
  • フォトブース印刷は、自動的に印刷可能な領域を埋めるために背景とオーバーレイの両方を出血させます
  • 描画/署名画面上のフレームや絵文字/スタンプにオプションの灰色の背景
  • 署名と描画画面に設定された新しいモノクロアイコン
  • >ビデオ再生ウィンドウは、ビデオが再生を開始するまで隠されています

新しいPowershotカメラのサポート

多くの長い時間の写真boothersは、シンプルさ、コンパクト キヤノンのPowerShotカメラのズーム。 悲しいことに、キヤノンは10年以上にわたって適切なPowerShotモデルの製造を停止しました。 新しいPowerShot G5X Mark IIおよびG7X Mark IIIのサポートをDSLR Remote Proに追加することを喜んでいます。

これらのコンパクトカメラは、どちらも120フレーム/秒のスローモーションキャプチャを720pと1080pで提供し、パワーズームも提供しています。

注:PowerShot G5X Mark II、G7X Mark III、SX70HSにはホットシューがないため、フラッシュをトリガすることは困難です。 写真ブースの使用のための賛否両論についてのより多くの細部についてはすぐに気をつけろ。

印刷の背景とオーバーレイの自動ブリード

プリンタの位置決めを可能にするために、特大の印刷レイアウトを必要としなくなりました。 デジタル一眼レフリモートプロ3.14.2は自動的に印刷背景とオーバーレイ(背景。jpgとオーバーレイ。jpg)は、印刷可能な領域を埋めるために。

6″×4″300dpiでのプリントは、1800×1200ピクセルのサイズにすることができます。

1844×1240ピクセルなどの”古いスタイル”の特大の印刷レイアウトはまだ動作します。

描画/署名画面のフレームと絵文字/スタンプに灰色の背景をオプション

白いフレームと絵文字を表示するには、署名と描画画面で新しいミッドグレーの背景に切り替えます。 この画面の左側にあるアイコンは、白い背景にモノクロになりました。

Breeze DSLR Remote Proでは、フレームと絵文字を灰色または白の背景に表示できます3.14.2

注:あなたはまた、この画面上で独自のアイコンを使用するか、ご希望の場合は、元の色のセットを使用し続けることができます。

この画面のカスタマイズについての詳細。

ビデオの再生が開始されるまでビデオ再生ウィンドウを非表示にする

このアップグレードにより、画面アニメーションの読み込み中に空白のウィン

修正

DSLR Remote Pro3.14.2には、

  • ループ準備画面アニメーション
  • GIFとMP4アニメーションを配置するためにファイル名を使用して”プロファイルX+スタート”タッチスクリーンアクションをロードする問題の修正が含まれています(v3.14と3.14.1のみに影響を与えます)。

詳細

本日、DSLR Remote Pro3.14.2にアップグレード

DSLR Remote Pro3.14.2にアップグレードします。2は、2018年10月22日以降にDSLR Remote Proを購入したすべての登録ユーザーのための無料アップグレードです。 古いライセンスをお持ちのお客様は、このリリースを使用するにはアップグレードライセンスを購入する必要があります。

DSLR Remote ProをダウンロードするDSLR Remote Proを購入する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。