飲酒運転の法律はいつ始まったのですか?

車が最初に脚光を浴びたとき、交通法や安全性の形ではあまりありませんでした。 変化は、それが頻繁に行う方法で多くの国の規模で起こりました。 第一に、法律のための社会的需要は、アルコールと車の両方が利用可能であることの増加の結果のために起こった。 法律が追いつくためには、技術と新しい法執行技術を改善しなければなりませんでした。 私達が今日持っている現代DUIの法律が作成されたまでそれぞれは他に影響を与えた。 飲酒運転の有罪判決のための車の飲酒検知器の使用を強制する飲酒行動を報告することから、歴史は飲酒運転の法律のために大きく変わった。

あなたはおそらく飲酒運転の法律の基本を聞いたことがあります:あなたのBACが0.08を超えている場合は運転しません。 しかし、私たちの規制は常にそれほど厳しいものではありませんでした。 問題は、どのように我々はここに来たのですか? 飲酒運転の法律はいつ始まったのですか?

歴史の概要

アルコールは車よりもはるかに長くなっています。 だから、DUIsが商用車の始まりから始まったと言うのは不合理ではありません。 しかし、問題は小さく始まった。 商用車の最初の30〜40年間は、多くの米国市民がそれらを買う余裕がありませんでした。 価格が下がり、供給が上がり、道路がこれらの燃焼エンジンで満たされるようになるまで、DUIsは本当に頭を回し始めました。

最初のキャンペーンは、影響を受けている間に運転に対して起動しました。 この歴史は、いくつかの異なるタイムラインに分割されているときに把握する方が簡単です。

  1. 30年代を経た先史時代
  2. 70年代を経た飲酒検知器の発明
  3. MADD、SADD、およびその他の変更のための組織
  4. 現代の飲酒運転法

これらは、飲酒運転法が更新され、今日のより主流の法律に形作られた主要な期間です。

飲酒運転の歴史

1906年、ニュージャージー州は飲酒運転に対する法律を制定した最初の州となったが、テストの実施方法を正確に決定することはできなかった。 役員は、アルコール中毒をほのめかした行為を報告する必要がありました。 これらは、つまずきのような物理的な行動、またはぼやけのような聴覚的な行動である可能性があります。 残念ながら、標準的な支配的な決定要因はありませんでした。

他の州はニュージャージー州のリードに続き、車両がより遍在するようになるにつれて、厳しいアルコール法の必要性が必要であることが証明された。

これに伴い、人々の血中アルコール含有量を特定する技術が必要になりました。 これだけでなく、アルコールの効果が時間によって摩耗するので、合理的な時間と場所の両方で必要でした。 この技術は、ずっと後になるまで普及していませんでした。 (現代の飲酒検知器は、例えば、50年代まで作成されていませんでした.)

第一次世界大戦と禁止

二つの隣接する歴史は、最古の飲酒運転法と絡み合っていました。 最初は、第一次世界大戦が最終的に終わり、製造業の台頭がアメリカの消費者に会った1918年の後半の数ヶ月に関与しました。 第二には、第十八改正または禁止が含まれていました。

  • 第一次世界大戦の余波–製造品の爆発は、平均的なアメリカ人のための生活のより高い基準を意味しました。 これは、大恐慌に崩壊するまで続きました。 これらの製造された商品では、電動車の大量導入が行われました。 車、車、車。 誰もが車を持っていたが、誰も交通や安全について言うことはあまりありませんでした。 それにはアルコールも含まれていました
  • 禁止を入力してください-1920年に、全国のすべてのアルコール物質の販売を禁止する改正が発効しました。 これは、地下のバーを見つけるために飲みたい人を止めるものではなく、酔っている間に運転する行為を止めるものでもありませんでした。 アルコールが存在しないと想定されていたため、運転中に飲酒の危険性に関する情報を見つける可能性は低くなりました。

この期間から離れて取ることの重要性は、平均的なアメリカ人が安全と規制の厳しいガイドラインなしで道路に乗っていた方法でした。 これは1933年に第二十一改正が禁止を廃止するまで変更することはできませんでした。 しかし、この時点で、アルコールを中心としたアメリカの文化は劇的に変化しました。

飲酒運転法への影響

禁酒法が終わった翌年の1934年、都市は酔っ払い運転による死亡者の驚異的な増加を見ました。 シカゴとロサンゼルスの両方で、その数は改正が廃止されたわずか数ヶ月後に四倍になった。 これは、アルコール関連の運転事故の検出と予防を支援するために近代的な技術を開発することを促した保健当局を驚かせた。

酔っ払いの上昇

保健当局の叫び声が聞こえた。 1931年、Rolla Hargerは、誰かの息にあるレベルの中毒を検出できる新しいデバイスを発明しました。 被験者はバルーンに吹き込み、それを薬液と混合します。 色の変化に応じて、誰かがどのように酔っていたかを判断するために、色の回路図と照合されます。 この呼気検査はDrunkometerとして知られるようになった。

酔っ払いは主観的な部品を持っており、装置自体はかさばって使いにくかった。 それは最も実用的なテストでしたか? そうじゃない しかし、それはキャッチーな、市場性のある名前を持っていましたか? 絶対に!

本発明は、ハーガーが証言するために呼び出された裁判で最初に使用された後、公衆の目に留まりました。 それは飲酒検知器の発明で1950年代半ばまで追い越されませんでした。

飲酒検知器

1954年、ハーガーの同僚がハーガーのアイデアを改良したデバイスを作成しました。 Robert Borkensteinは彼の発明を飲酒検知器と呼び、それは酔っ払い計の大幅な改善でした。 飲酒検知器は:

  • より効率的
  • より小さい
  • より安い
  • より簡単
  • よりポータブル

このため、デバイスはDUI技術の新しいゴールドスタンダードとなりました。 そして、それは立ち往生。 長年にわたり、飲酒検知器が改善され、それは今日の周りにまだあります。 ただ、今では元のサイズの10分の1以下に縮小されており、キーホルダーの小さなおもちゃのように簡単にできます。

最初の全国的なBAC

この時点で、ほとんどの州は法的制限を0.15%の血中アルコール含有量とする方針を採用していました。 今日の基準では、これはで運転することが大幅に高いレベルであり、さらには強化されたペナルティBACレベルの一部とみなすことができます。 しかし、当時、それは法的制限の最初のインスタンスでした。

変更のための車両

州がBAC制限を受け入れた後、技術の進歩を除いて飲酒運転法にはほとんど変更がありませんでした。 それは酔って運転手による13歳の少女の死が変化のために上昇するために国家組織を誘発したときに80年代までです。 その組織は、飲酒運転やMADDに対する母親でした。

80年代、90年代、そして2000年代初頭にかけて、組織はあまりにも寛大であると判断した飲酒運転法に関する法律を変更するために浮上しました。 立法および社会的変化のためのこれらの組織には、以下が含まれます:

  • MADD-飲酒運転に対する母親
  • SADD–破壊的な決定に対する学生
  • DFDD–指定されたドライバーのための医師

MADD

飲酒運転で殺された少女の母親、キャンディス・ライトナーは、MADDを設立し、1984年に全国の飲酒年齢を21に引き上げて、組織を最初の画期的な立法勝利に導いた。 法的飲酒年齢を上げなかった州は資金を減らし、1988年までにすべての州が一緒に演奏した。

組織は今日も存在し、いくつかの道を通って彼らのメッセージをキャンペーンしている。

  • 教育-MADDはまだキャンパスに存在し、アルコールを避けることの重要性と酔っている間運転の危険性に高校生を教育するためにNFLのような全国的な組織との努力を組み合わせています。
  • 予防-MADDは、飲酒チェックポイントや障害運転の取り締まりを高めるために法執行機関と協力しています。 また、それらは既に酔っているとき運転者が道で得ることを防ぐために点火の連結装置の使用法を支える。
  • 発明-自動化された車両やアルコール検出システムのような将来の技術を支援することにより、MADDは飲酒運転の少ない安全なコミュニティを推進し

マッドは、飲酒運転法を取り巻く文化と議会を変えることに真剣に取り組んできました。 しかし、彼らは唯一のものではありませんでした。

SADDとDFDD

破壊的な意思決定に対する学生(以前は「飲酒運転」)は、未成年の飲酒に対する仲間を教育する中学生、高校生、大学生の組織です。 1981年に設立され、MADDの直後に、SADDは未成年者のアルコール関連事故の防止に重点を置いていました。

あまり知られていない組織、指定された運転手のための医師は、飲酒を取り巻く文化を変えようとしている医師のグループです。 彼らは、指定されたドライバーのための”代償ドリンク”を提供するために、スポーツアリーナ、バー、および他の会場で動作します。

現代の飲酒運転法

1982年頃から、議会は州に障害のある法律をより厳しい運転を採用するよう奨励しました。 MADDと協力して、国道交通安全局は、0.15から0.08にそれを削減し、BACの法的制限に立法変更をもたらしました。

2004年までに、すべての州は、運転のためのBACの法的制限を0に指定する「それ自体」の法律として知られているものを採用していました。08%、デラウェア州が最終状態である。 連邦政府は、州が遵守するまで、毎年高速道路の資金を削減すると脅したときにアクションへの最後の呼び出しが来ました。

それ自体の法律の意味はそれ自体の法律です。 つまり、それ自体で0.08のBACを持つことは、飲酒運転の有罪であるのに十分です。 私たちが今日知っている現代の飲酒運転の法律が出現し始めたのはこのようにしていました。

0.05BACへの削減の可能性

それ自体の法律のBAC限界を0.05に下げることについてかなりの議論がありました。 2018年12月、ユタ州はそのような法律を課す最初の州になりました。 しかし、彼らは試してみる最初の状態ではありません。 ニューヨーク、ハワイ、デラウェア州、ワシントン州はすべて法案を提案しているが、それは通過しませんでした。

議論は2つの反対側の間で行われている。

  • 0.05を支持する人々–国道交通安全局や他の保健機関は、0.08がまだ高すぎることを何年も訴えてきました。 このレベルのBACでは、ドライバーは依然として深刻な障害を受けており、ほとんどの人はそれを認識しません。 BACの法的制限を減らすことによって、命が救われます。
  • ホスピタリティ業界や中小企業に反対する人々は、これは観光客や他の常連客が食事と一緒にビールを飲むことを妨げると主張している。 いくつかのケースでは、単一のビールで0.05BACを達成することができるので、彼らはこれがすべてでそれらを注文から人々を怖がらせると主張しています。

最終決定に影響を与えた議論は、BACの法的制限が0.10から0.08に低下したときに、アルコール関連の運転死亡者がどのように10%減少したかを示していた。 支持者は、ユタ州が法的制限を減らすことが道路をより安全にする方法を示すための良いテストケースになることを願っています。 全体的に、BAC制限の議論は、DUIを取得した場合にライセンスが中断される期間の決定要因でもあることを考えると、非常に重要です。

点火連動装置

現代の飲酒運転関連装置は点火連動装置である。 このデバイスは、あなたの車のエンジンにフックし、車が起動するかどうかを決定します。 それは、飲酒検知器として機能し、誰かが単純な呼気検査で運転するために冷静で罰金であるかどうかを判断することによってそうします。 裁判所は、保護観察上のもののためのDUIsの場合にこれを必要とすることができます。

いくつかは、アルコール関連の事件の歴史を持っている人のために、そうでない人のためにIidがより普及するためにプッシュしています。 車の飲酒検知器をインストールすると、飲酒運転を取得するときに発生する一般的な裁判所の義務の執行です。

飲酒運転法は道路を超えて広がる

今、車を運転している間に飲酒に注意する必要があるのは運転手だけではありません。 すべての法律が道路のものほど厳しいわけではありませんが、ボートと飛行は二つの注目すべき例外です。 レクリエーションボートに関連する死亡のために、アルコール関連の事件は、最も高い貢献者の一つとなっています。

同様の法律がどこにでも現れています。 Duiは、次のすべてで使用できます:

  • カヤック
  • カヌー
  • サイクリング
  • 馬に乗る
  • バギー運転

飲酒運転の未来

歴史は法律の変更が遅くなることが多いが、未来は明るく見える。 より多くのライドシェアリングとタクシーサービスが来るように指定されたドライバは、少なく必要になってきています。 自動化された車が出現し始めています。 すぐに、飲酒運転を心配する必要はありませんし、道路上のそれらの安全は私たちの手の外になります。

結論

それまでは、アルコール関連の研究者と議会の間の対話を続ける必要があります。 飲酒運転と飲酒運転関連の事故は、予防可能であるとして流行しています。 彼らの歴史は、19世紀の商用車の最初のブームにさかのぼります。 法的なBAC制限を引き下げ、公正で厳格な法律を実施するために、ロビー活動を行う組織、研究者、選出された役人の間で絶え間ない闘争が行われています。

不要になる日が来るまで、すべてのドライバーの公共の安全に貢献するために、飲酒運転法を継続的に更新し改善する必要があります。

:

最高裁判所の意見。 ノースダコタ州バーチフィールド出身。 https://www.supremecourt.gov/opinions/15pdf/14-1468_8n59.pdf

ニューヨーク-タイムズ。 ロラ-N-ハーガー(Rola N.Harger)は、アメリカ合衆国の小説家。 https://www.nytimes.com/1983/08/10/obituaries/rolla-n-harger-dies-invented-drunkometer.html

NCSL. 高血中アルコール含有量に対する罰則の増加。 http://www.ncsl.org/research/transportation/increased-penalties-for-high-blood-alcohol-content.aspx

マッド、解決策。 https://www.madd.org/the-solution/

NHTSA. 歴史紹介。 https://one.nhtsa.gov/people/injury/research/pub/alcohol-laws/08history/1_introduction.htm

ピュー タフな新しい飲酒運転法は論争をもたらします。 https://www.pewtrusts.org/en/research-and-analysis/blogs/stateline/2018/10/19/tough-new-dui-law-brings-controversy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。