新しいガイダンスは、短期的な二重抗血小板療法をサポートしています

この練習は広く採用されておらず、多くの臨床医はイベントの開始時に単一の抗血小板剤を使用し続けています。 新しい指針の理由は使用された長期および二重療法が重大な打撃の後で余りに危険考慮されるとき二重antiplatelet療法の利点を支えないデータを含んでい

“急性脳卒中後の二重抗血小板療法は議論の余地がある”と、メリーランド大学薬学部の薬学実践科学助教授であるPHARMDのZACHARY Noel氏は述べている。 “最近、BMJガイドラインで参照されているように、新しいデータは、二重抗血小板療法をいつ投与するか、そしてどれくらいの期間投与するかについての洞察を与えている”とNoelは述べている。

“重要なポイントは、高リスクTIAまたは軽度の脳卒中の場合、アスピリンとクロピドグレルによる21日間の二重抗血小板療法が合理的であるというこ 21日を越える二重antiplatelet療法を拡張することは付加的な利点に少しを作り出しません;従って単一のantiplateletだけ21日後に続けられるべきです。”

ノエルは、心塞栓性脳卒中(例えば、心房細動に続発する)を経験した患者は、抗血小板療法ではなく抗凝固療法を受けるべきであることにも注目すべき 主要な打撃の患者は二重antiplatelet療法の出血性の転換の危険のために単一のantiplatelet療法を受け取るべきです。

リスクの高いTIAまたは軽度の脳卒中事象を有する10,447人の参加者を対象とした三つの試験(FASTER、CHANCE、POINT)は、二重抗血小板療法の現在の勧告を支持する。 システマティックレビューとメタアナリシスは、アスピリン単独療法をクロピドグレルとアスピリンを用いた二重抗血小板療法と比較した場合、症状発症から24時間以内に開始された場合、二重療法は非致命的な再発性脳卒中のリスクを有意に減少させることを見出した。 二重抗血小板療法は、機能障害および生活の質のわずかな改善をもたらしたが、中等度または主要な頭蓋外出血のわずかな増加とも関連していた。

レビューの著者によると、”高リスクTIAまたは軽度の虚血性脳卒中の後24時間以内にクロピドグレルおよびアスピリンを用いた二重抗血小板療法は、その後の脳卒中を約20人で1,000人で減少させ、中等度から重度の出血を2人で1,000人で増加させる可能性がある。 開始の21日以内の、そして多分10日には早くも二重antiplatelet療法の中止は、利点を最大にし、害を最小にしてが本当らしいです。”

記事全文はこちらをご覧くださいwww.pharmacytoday.org 今日の薬局の月2019号のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。